同じ出来事でも人によって受け取り方が違う!

何か「出来事」が起こった時に、同じ出来事でも受け取り側の捉え方で、プラスの方向に行く場合と、マイナスの方向に行く場合があります。

また同じ人間でも、環境や状況によっても捉え方が変ってきます。

今回はそんな捉え方、受け取り方についてまとめました。

出来事を受け取る5つの立場

「出来事」が起こった時に受け取る立場として、5つの立場があると言われています。

楽観者

主体者

被害者

批判者

傍観者

こと5つの立場があり、それぞれで受け取り方が変ってきます。

例えばあなたが、あるチームのメンバーの一員として所属をしている時に、チームメンバーのAさんとBさんがけんかになってしまったとします。

そんな時に、5つの立場で変わってきます。

ではそんな一例を紹介します。

楽観者

人間なんだから考え方が違うのは当たり前で、そのうち時間が解決してくれるだろう。

けんかも時には良い経験で、いいんじゃないか。

などと、ポジティブな方向に考えます。

主体者

チームの為にもメンバーの為にも何とかしないといけない。

自分にできることはなんだろうか?何か協力できることはないか?

これをきっかけにチームの成長につなげられないだろうか。

など、自分が主体となり何か行動を起こしたり、考えたりします。

また解決策や改善案なども一緒に考えます。

被害者

けんかのせいで自分に影響がでてしまう。

なんでこんなけんかの為に、考えなくちゃいけないんだ。

いい迷惑だ。

と、被害者意識が強くなる傾向にあります。

批判者

そもそもけんかを起こしている環境が悪いんだ。

なんとかしろ。

リーダーが悪いんだ。組織が悪いんだ。

と批判をすることが中心になり、解決策や提案は無く、愚痴が多い傾向にあります。

傍観者

特に関わることはやめよう。

見て見ぬふりをする。

と、傍観をします。

今回はチーム内でのメンバー同士のけんかを例に挙げましたが、何かの集団の中でどんな出来事でも5つの立場に人は分かれます。

会社の給料が下がってしまった場合も例に挙げます

楽観者

まあ生きていけるし、給料がもらえるだけまし。ずっと続くわけじゃなさそうだし。

主体者

会社は今、給料を下げなくてはいけないほどの状況なんだ。

なんとか自分達も頑張って、会社を盛り上げていけることはないだろうか。

被害者

もうやってらんないわ。

この給料では不満しか出てこない。

批判者

会社は何をやっているんだ。

そもそも国がいけないんだ。

上司がいけないんだ。

傍観者

どうせ何をやっても変わらないし、様子をみよう。

 

となってきます。

チームのメンバーはどの人が多いですか?

現在所属をしているチーム(スポーツチームや会社組織、何かの集団)では、どんな人が多いでしょうか?

なんとなく想像がつくとは思いますが、楽観者と主体者の人が多いチームの方が当然雰囲気も良く、新たな改善案も出されたり、今後発展をしていく可能性を感じますよね。

ちなみに以前まとめたアカウンタブルとヴィクティム(ビクティム)の話に当てはめると

アカウンタブル・・・楽観者、主体者

ヴィクティム・・・被害者、批判者、傍観者

になる傾向が強いです。

関連記事:アカウンタブルとヴィクティム(ビクティム)とは?

しかしここで重要なのが、被害者、批判者、傍観者がそもそも悪いのかというと、必ずしもそうではありません。

被害者、批判者、傍観者も元々そういった人もいますが、必ずし全員が被害者、批判者、傍観者だったわけではありません。

5つの立場も環境や過去の経験で変わる

環境や過去の経験などによって、チームメンバーはいくらでも5つの立場の中で変化をしていくのです。

元々は主体者だった人がいたとしても、過去にチームの中で問題が起こった時に誰も助けてくれなかったり、反応をしてくれなかったりしたら、やっていることがばからしくなってしまいますよね。

またいくら改善案などを提案しても、受け入れてももらえず、何も変化のない組織だったら、いつしか諦めてしまいます。

そして周りが批判者ばかりのチームだったら、その環境が当たり前になり、新しく入ってきたメンバーも批判者になる傾向があります。

もちろん逆もあり、批判者だった人が主体者に変わることもあります。

そんな環境や過去の経験などによって、5つの立場に人は変化をしていくのです。

関連記事:「でも」という言葉が起こす反応とは?

日頃のコミュニケーションと環境の大切さ

チームとしては楽観者、主体者の人が多くなることを望みます。

では楽観者と主体者が多くなるにはどうすればいいのでしょうか?

やはり一番は日頃にコミュニケーションや関係性になります。

関係性が弱いのにチームメンバーにいきなり主体者になってもらおうと頑張っても逆効果です。

関連記事:関係性が大切な理由

そして、もし何か今のチームで変化を起こしたいと考えた場合、自分自身に質問をしてみるといいです。

 

Q.今のチームがどんな環境だったら主体者として行動したくなりますか?

 

思い浮かんだものが今のあなたの答えになります。

 

 

ブログはコチラ

 

★YouTubeチャンネルはコチラ★

 

問い合わせフォームはコチラ

 

無料カウンセリングはコチラ

 

☆LINE@でお得な情報を配信中☆

♪問い合わせや予約もこちらからできます♪友だち追加

問い合わせフォームはコチラ