『強み』誰もが持っている!視点を変えて強みを見つける方法

 

★YouTubeチャンネルはコチラ★

(↑骨盤・ヒップアップ・美姿勢・知識↑)

 

『あなたの強みはなんですか?』

と質問をされたときに、すぐに答えられない人は多いのではないでしょうか?

仕事で発揮できる強みはあるのだろうか?

強みを生かす(活かす)にはどうすればいいの?

子育て中の私の強みはあるのだろうか?

子供の強みを見つけてあげたい

などなど、強みを見つけるのってなかなか難しいことと捉えがちな傾向にあります。

そこで今回は強みについてまとめたいと思います。

関連記事:『長所と短所』『強みと弱み』の違いとは?

強みとは?

『長所と短所』『強みと弱み』の違いとは?

の記事にて触れました、『長所と短所』『強みと弱み』の違いから整理をしていきましょう。

『長所・短所』・・・周りに左右されず、性質的な部分が大きい

『強み・弱み』・・・環境で変わってくる

といった内容でした。

更に詳しくは関連記事をご確認頂ければと思います。

関連記事:『長所と短所』『強みと弱み』の違いとは?

 

強みとは環境で変わってくるものであるとお伝えしました通り、環境次第で強みというものはいくらでも見つけることができるのです。

強みの考え方

では具体的に強みを見つけるにはどうすればいいのでしょうか?

強みは環境で変わってくるとお伝えしましたが、違った言い方をすると相手によっても変わってきます。

例えばピアノを習い始めて3ヵ月のAさんという人がいたとします。

Aさんはピアノを始めたばかりですので、当然周りにはピアノが上手な人達ばかりです。

その為、Aさんはまだまだピアノは周りの人と比較して『弱み』になると考えます。

しかし、環境や対象とする人を変えたらどうでしょうか?

 

私はピアノは全く弾けません。

なので、3ヵ月もピアノを練習しているAさんは、私にとってはピアノが弾ける人になります。

その時点で私を対象とした場合、Aさんのピアノの技術は『強み』となるのです。

そのような感じで、環境や相手によって同じものでもそれが強みになったり弱みになったり変化をしていくのです。

視点・視野が狭い人ほど強みが見つけにくい

今のピアノの話は一例になりますが、常に同じ環境や同じ視点でしか物事を見ていないと、ついつい強みは見つかりにくくなります。

特に日常生活が毎日同じことの繰り返しの場合、当然同じものしか見えなくなりますし、環境も変わらないので、一定の世界の中で強みや弱みを判断することとなります。

もちろん同じ世界で自分の弱みを明確にすることにより、その弱みをどう改善していくかを考えることも大切かもしれません。

特にスポーツの世界では『勝ち』といったゴールがある場合に、周りのチームや選手との比較をした上で、自分の現状を知ることも大切です。

ただしスポーツも同じで、視野が狭いと1つのことに捉われすぎてしまって、上手く強みが見つけられなくなることも多いです。

そんな時は、一度全体を俯瞰して広い視野や、違った視点から見てもいいかもしれないですね。

強みについてのまとめ

強みについてお伝えをしてきましたが、最後にまとめていきたいと思います。

『強み・弱み』・・・環境で変わってくる

同じスキルや知識だったとしても、環境や相手によってそれが強みにもなるし弱みにもなります。

またいつも同じ世界しか見ていなかったり、同じ環境に居続けると、その中でしか物事が判断できなくなるため、強みが見つかりにくくなります。

強みを見つけたい場合には、視野・視点を変えてみたり、環境を変えてみることで見つかりやすくなります。

どんな些細なことでも自分ができることや経験してきたことは、それが未経験の人にとっては自分の強みとなるのです。

是非、様々な視点から物事を見てみるようにして、自分の強みについて考えてみてはいかがでしょうか。

強みは誰もが持っているはずです。

関連記事:『長所と短所』『強みと弱み』の違いとは?

 

ブログはコチラ

 

★YouTubeチャンネルはコチラ★

(↑骨盤・ヒップアップ・美姿勢・知識↑)

 

問い合わせフォームはコチラ

 

無料カウンセリングはコチラ

 

☆LINE@でお得な情報を配信中☆

♪問い合わせや予約もこちらからできます♪友だち追加

問い合わせフォームはコチラ