自主性と主体性の違いは?

よく学校や会社でも『自主性』や『主体性』といった言葉が使われることが多いです。

では『自主性』と『主体性』の意味はどう違うのでしょうか?

自主性の意味は?

自主性は決められたことに対して、率先して自らやること。

他の人に言われなくてもやること。

やるべきことが明確であることに対してやるので、やるべきことを決めるオーナーは他にいることになります。

主体性の意味は?

やること自体も自分で考え判断し、自分の責任で行動をすること。

なので責任は自分にあることになります。

自主性と主体性の違い

自主性と主体性の違いを知る時に、スポーツチームを例にするとわかりやすいと思います。

スポーツの現場では試合中に予測不能事態になることが多くあります。

突如起こったトラブルであったりピンチの時に、自主性の選手が多いチームは監督やコーチに判断を仰ごうとします。

日頃から決められたことは率先してできるのですが、自分で判断をするという習慣がないため、外に判断を聞こうとします。

しかし、スポーツの現場でその判断ができない数秒が勝敗を左右してしまいます。

反対に、主体性の選手が多いチームは、判断をすぐにできる為、数秒のロスがなくなる場合があります。

それが結果として勝敗を左右するだけでなく、選手自身のスポーツに対する取り組みや満足度も変わってきます。

 

では、主体性を育てるにはどうすればいいのかと考えると思います。

それは次回、ご紹介をしていきます。

 

ブログはコチラ

 

★YouTubeチャンネルはコチラ★

 

問い合わせフォームはコチラ

 

無料カウンセリングはコチラ

 

☆LINE@でお得な情報を配信中☆

♪問い合わせや予約もこちらからできます♪友だち追加

問い合わせフォームはコチラ