多様性(ダイバーシティ)と画一性とは何か?

ここ数年で『多様性』という言葉を聞くことが多くなってきました。

学校の教育でも、スポーツの現場でも、また会社組織でも多様性という言葉を言われることが多くなり、多様性の重要性も発信されるようになってきました。

今回は、そんな『多様性』について、そして反対の『画一性』について紹介をしたいと思います。

多様性と画一性の意味は?

では『多様性』と『画一性』の意味から見ていきたいと思います。

多様性(ダイバーシティ)の意味は?

多様性

幅広く性質の異なる群が存在すること。性質に類似性のある群が形成される点が特徴で、単純に「いろいろある」こととは異なる。

人間では顔や体型が違うように、性格も違い、感情も違ってきます。

その為、考え方も違う場合がありそういった様々な考え方の違いに多様性という言葉が使われることがあります。

画一性の意味は?

画一性

変化や特色がなく、すべてが同じような感じであるさまのこと。

何もかも一様で、個性や特徴のないさま。

何もかも一様にそろえるさま。
一つの枠にはめこむさま。

となります。

多様性と画一性の特徴

多様性と画一性の意味だけを見ると、多様性の方が良く、画一性が悪いといったイメージを持つことも多いです。

しかし、多様性にも画一性にもメリットとデメリットがあります。

これを理解することで、スポーツチームや組織において多様性を受け入れたり、画一性を活用していくことができるようになります。

そんな多様性と画一性のメリットとデメリット、そして伸ばし方については、次回ご紹介をしていきたいと思います。

 

ブログはコチラ

 

★YouTubeチャンネルはコチラ★

 

問い合わせフォームはコチラ

 

無料カウンセリングはコチラ

 

☆LINE@でお得な情報を配信中☆

♪問い合わせや予約もこちらからできます♪友だち追加

問い合わせフォームはコチラ