学習とは?学習の速度を速める秘訣とは?

『学習』という言葉は日常でもよく使われます。

スポーツでもビジネスでも何か新しいことを習得したり、学んだりする時に使われたりします。

ペットにしつけをする時も学習という言葉を使うこともあります。

また最近では、パソコンやスマートフォンにも様々な学習機能がついていて、文字入力予測をしたりと、学習機能のおかげで便利になっています。

そんな『学習』についてまとめていきます。

学習の言葉の意味は?

学習とは様々は場面で使われますが、一般的に辞書に載っている学習の意味から見ていきたいと思います。

学習

1 学問・技術などをまなびならうこと。
2 学校で系統的・計画的にまなぶこと。
3 人間も含めて動物が、生後に経験を通じて知識や環境に適応する態度・行動などを身につけていくこと。不安や嫌悪など好ましくないものの体得も含まれる。
4 人工知能(AI)がデータを読み込み、基準や規則性などを決定すること。

参考URL:https://kotobank.jp/word/%E5%AD%A6%E7%BF%92-11976

また違った文献には下記のようにも記されています。

学習とは?

学習とは,特定の経験によって行動のしかたに永続的な変化が生ずる過程である。同じ行動様式の変化でも,経験によらない成熟や老化に基づく変化や,病気,外傷,薬物などによる変化は学習とはいえない。また疲労や飽きは,回復可能な一時的変化にすぎないので,これも学習とは区別される。子どもの発達過程では,例えば言葉や歩行の習得のような学習が,長期にわたって行われている。しかしこの場合,行動様式の永続的変化といっても,多様な経験に基づいて,広い範囲の行動が変化するのであって,この過程はとくに〈発達〉と呼ばれる。

参考URL:https://kotobank.jp/word/%E5%AD%A6%E7%BF%92-11976

様々な学習の意味がありますが、今回は学習を

『反復される行動によって、新たな社会に適応すること』

と捉えて説明をしていきたいと思います。

例えばスポーツで何かの技術を学びたい時に、反復練習をしてその技術を当たり前の状態にしていくということになります。

学習を早める秘訣とは?

学習について『反復される行動によって、新たな社会に適応すること』と説明をしましたが、

無意識でできるようになる=習慣

にすることが、学習をしていく上での結果となります。

習慣となればそれが当たり前となります。

先程の習慣の意味の中でいう

人間も含めて動物が、生後に経験を通じて知識や環境に適応する態度・行動などを身につけていくこと。

に当たります。

そして無意識レベルまでできる習慣にするポイントがあります。

それは

習慣=インパクト×反復回数

になります。

その中でもインパクトが大きければ大きいほど、すぐに変化が表れやすくなるともいわれています。

何か人間が変わりたいと思っている時には、大きなインパクト(衝撃)があることで、一瞬で変わったりすることもあります。

逆にインパクトが弱いと、反復回数を増やさなければ、なかなか習慣にはならないということにもなります。

学習のまとめ

何かを変化させたい時には、

無意識でできるようになる=習慣=インパクト×反復回数

をイメージしていただき、学習の速度を早める工夫をしてみることも使えるかもしれません。

 

ブログはコチラ

 

★YouTubeチャンネルはコチラ★

 

問い合わせフォームはコチラ

 

無料カウンセリングはコチラ

 

☆LINE@でお得な情報を配信中☆

♪問い合わせや予約もこちらからできます♪友だち追加

問い合わせフォームはコチラ